やりたいことの見つけ方がわからない。見つからない人の特徴と対策

Pocket
LINEで送る

こんにちは、toruです。

 

今日は

「やりたいことがわからない」

「やりたいことがない」

 

今そんな風に思っている人が

どのようにすれば、

やりたいこと。欲求に溢れる日々。

 

毎日ワクワクするような生活を

手に入れることができるのか?

 

話していきたいと思います。

 

ただ、今日の話は

めちゃくちゃ辛口な話になると思います。

 

結構ズバズバ言うところもあると思います。

 

と言うのも、

これから話していく内容は、

私toruが自分自身に向けて

言ってることでもあるからです。

 

ダサ過ぎた過去の自分自身に

2度と戻らないためにも、

戒め的に書いてます。

 

なので、傷つきたくない人は、

ここでそっとブログを閉じた方がいいかと思います。

 

ただ、まじで自分のやりたいことを見つけたい

もっとワクワクした生活を送りたい。って人は

読んでもらえるといいかと。

 

ってことで始めていきます。

 

やりたいことがわからない。見つからないことはまずない!

 

まず大前提として言っておきたいことがあって、

 

「やりたいことがわからない」

「やりたいことが見つからない」

 

こういった状態は、

まずあり得ない。ということ。

 

つまり、

やりたいことがわからない。ない。と言う人は、

「勘違いをしている」とも言えるんです。

 

どういうことか?

 

もう少し噛み砕くと、

やりたいことがわからないわけではなく、

 

やりたいこと

=壮大で・絶対的で・人生全てをかけて実現しようとするもの

 

このような考え方をしてしまっている。ってことです。

 

具体的に例にしてみますね。

 

例えばの話ですが、今私たちは

毎日カップラーメンの食生活だったとしましょう。

 

その時に、たまたまテレビでは

めちゃくちゃ美味しそうなステーキ屋さんの

特集が組まれてました。

 

鉄板の上に分厚いお肉。

見るからに上質な肉だと一目でわかります。

 

そのステーキが乗った鉄板が

テーブルの上に置かれ、

ウエイターさんが一言

 

「当店特製のソースをおかけしますね」

 

その店の特性ワインソースが肉の上に注がれる。

 

その瞬間、

 

ジュワァーーーー

 

鉄板の上に垂れたソースか

最高に食欲を掻き立てる音を出す。

 

ステーキなのに、

いとも簡単にナイフで切れるほどの柔らかさ。

 

口に運んだ時の

レポーターの超幸せそうな表情。

 

ゴクリ、、、

 

…と、ここで現実に戻りましょう。

 

ここまでの話は例えばですが、

現在の私たちの食生活は

カップラーメンの毎日です。

 

そんな生活の最中に、

超美味しそうなステーキの映像を見てしまった。

 

どうでしょう。

 

食べたくなりますよね?

 

…で、です。

 

「超美味そうなステーキを食べたい」

 

これは、すでに欲求ではないのか?

って話です。

 

やりたいことがわからない・見つからないという人は誇大に考え過ぎ。

 

先ほどの話の続き

→やりたいこと=ステーキ食べたい

 

自分が求めているものに

他ならぬものですよね。

 

でも、この時に

普段「やりたいことがわからないんです」

と言っている人の場合は、

 

「いや、こんなの本当にやりたいことなんかじゃない」

 

「こんなことじゃなくて、”やりたいこと”ってのは

もっと人生を変えるような、今までの日々を覆すような

そんなすごいことであるべきなんだ」

 

「だからこれは、私がやりたいことじゃない!」

 

って言って、感情を押さえ込んでるんですよ。

 

で、この”欲求”を押さえ込んでいるような

毎日を繰り返している。

 

すると、だんだんと

自分が何がやりたいことなのか?

何が何だかよくわからなくなっていく。

 

だから尚更

 

「やりたいことがわからないんです」

「やりたいことがないんです」

 

って話になっちゃうんですよね。

 

なんと言うか、

 

なんか、自分が漁師で網漁なのに、

超大物の魚しか狙ってないから

網目がめっちゃ大きくて、

小魚の大群をみすみす取り損ねる。みたいな感じ。

 

「今日こそめちゃめちゃ魚捕まえてきてやる!!」

って意気込んでるのに、

網はクジラが引っかかるくらいの網目のサイズ。

 

目の前に魚の大群いるのに…

 

数センチ四方の網目の網だったら

「めちゃめちゃ魚捕まえる」って目的

余裕で達成できるのに…

 

こんな風に、自らやりたいことを

やりたいことではないと”決めつけて”

自分の生活をつまらないものにしてるんです…

 

なんと勿体無い話ですよね。

 

やりたいことがわからない・見つからない人は見てる世界の狭さと自信がない【閲覧注意】

 

それと、

やりたいことがわからない

やりたいことがない。

という理由のもう一つ。

 

ここからは

もうちょっと厳しめの話。

 

(今自分自身に向けて書こうとしてて、

めちゃくちゃ心苦しくなってますが

書き続けようと思いますw)

 

やりたいことがわからない・ない

 

そんな風に思ってしまっている理由のもう一つは

 

「見えてる世界の狭さ」

「経験の少なさ」

「知ってることの少なさ」

 

行動してなさすぎる。って話です。

 

もっと深掘りすると、

「自信のなさ」

 

自分の自信のなさを、

やりたいことがわからない、ない

ってことにしておけば、

行動しなくて済むから、傷つかない。

 

逃げの選択をしてるんです。

 

例えるなら、

本当は好きな女の子がいるのに

告白してフラれるのが怖いから

 

「俺べつにあいつのこと好きとかそういうんじゃねぇし」

 

って言っちゃう感じ。

 

実社会で、女性との出会いが少ない。

世の中にはどんな女性がいるのかわからない。

そして女性と付き合ったことがない。

 

でも、頭の中では、

「俺は、もっとモデルみたいな超美人さんと付き合って…」

とか、明後日の方に意識が飛んじゃってる。

 

要は、自分の現実を見るのが嫌だから

妄想だけが勝手に膨らんじゃってる状態。

 

もっと俺はすごい人間なんだって思い続けたくて

現実から目を逸らす。

 

で何も動かない。

 

まぁこれは…

ダサいですよね。。。

 

引きこもり時代の私も

こんな感じでした…

 

だから、そんな風にならないためにも

こうして書いてるんですがw

 

やりたいことが見つからない・わからない時は現実逃避で思考停止状態

 

それに、この

”妄想だけが勝手に膨らんでる状態”って、

現実的なことに対しての思考が

止まっちゃってることが多いんです。

 

現実に向き合いたくないから

妄想に走ってるわけなので、

現実に対する解決策とか

全然考えられないんですよ。

 

現実的な物事に対する思考を動かさなければ、

そりゃ現実的に何かを達成したり

何かを得たりすることはできません。

 

やっぱり頭の中だけお花畑思考。

みたいなのは嫌なんですよね私は。

 

妄想の世界だけで

ニタニタしてるような感じになりたくないんです。

 

現実的にも自分の欲求に素直になって

色々とチャレンジする。

 

行動する人間に

もっとなりたいって思いますもん。

 

でも、いきなりデカイこと成し遂げるなんて

まぁできません。

 

それに自分が見えてる世界が狭い。

知識が乏しい。

 

そんな状況のままで”デカイこと”

”壮大なこと”を考えたって

まぁたかがしれてます。

 

やりたいことなのか?

なんてわかる由もないです。

 

だから、もうちょっと現実的に考えましょう。

 

現実に帰ってきましょう。

 

やりたいことの見つけ方がわからないなら目の前の些細な欲求を!

 

まず目の前の些細な欲求から。

 

そこからがスタートです。

 

今何食べたい?

 

1万円あったら何したい?

 

平日が仕事の人だとしたら

もし平日が急遽休みになったら

どこ行きたい?

 

そんな些細な欲求から

 

”どうすればその欲求が実現できるか?”

 

思考を再動させましょう。

 

例えば1万円の商品を手に入れるためには…?

→選択肢を出す。

 

・休みの日にバイトする

・外食を自炊に変えて食費を抑える

・逆に冷凍食品やデリバリーにして

料理の時間を浮かせた分副業する

 

こんな風に現実的に目先の欲求に

素直になれば、やりたいこと

欲しいものはすぐ見つかります。

 

そのための選択肢、方法だって

見つけられるようになります。

 

知識も経験もない状態で

大きなことを成し遂げようとしたら

そりゃ実現性は低いです。

 

些細なことを経験し

些細なことを実現し

少しずつ知識や見える世界を広げていく。

 

そうすることで

自信がついていくんです。

 

その分行動力もどんどん上がります。

 

好循環のスパイラルを作っていけます。

 

そしたらきっと、

特製ワインソースが注がれた

超上質なステーキも

食べられるようになりますよ!笑

 

やりたいことの見つけ方がわからない。見つからない人の特徴と対策まとめ

 

 

ってことで今回の話をまとめると。

やりたいことがわからない。ない。と言うのは

 

・やりたいこと=「壮大なことや絶対的なこと。人生賭けて実現しようとすること」

って思い込んでるから”わからない””ない”ってなる

 

・「やりたいことがわからない。ない」ってことにしておけば

自分の自信のなさから目を背けられる。

 

この状態から抜け出すために、

目の前の些細な欲求に素直になる。

 

そして、その目の前の些細な欲求を実現するために

思考を再動させよう!

ってところなんじゃないかと。

 

これからの自分自身の欲求に

もっと素直にチャレンジして

成長して、実現していくために、

戒め的に書きました。

 

では、今回は

 

「やりたいことがわからない・ない」

 

と思ってる人が、どうすれば

欲求・ワクワクに溢れるような

日々にすることができるのか?

と言う話でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、toru(トール)です。

メンタルを専門として発信をしています。

以前は、不登校や引きこもりのカウンセリングをしていました。

 
現在では、カウンセリングだけでなく、

別のジャンルでもメディアを運営したり

ビジネスとしての経験を基にして

コンサルなども行っています。

 
と言っても、元々は自分に自信がなく

周りの目を気にしては、人に合わせてばかり。

 
自分はもっとできる人間なんだ。と思ってるだけ。
 
でも、失敗したり傷つきたくないから

表には出さず、自分の中だけで仮面のプライドを保とうとする。

こんな風に、いかにもダサい人間だったんです。
一時は引きこもりも経験し

どん底の日々を過ごしました。

 
でも、そんなダメダメな私でも、

人生を変えていくことができました。

 
なぜか?

 
「自立のマインドこそが人生を変える鍵なんだ」

とわかったからです。

 
今では、自分で自分の人生を変えていけるんだ!と

本気で思える自信を手にしています。

 
元々のメンタルの強さ?

そんなもんありません。

 
改めてですけど、私は元引きこもりです。

俺の人生終わりだ…と20歳の頃思ってました。

 
でも、そんなどん底のダメ人間でも間違いなく、

人生はみるみる変えていけます。

 
そこで、私がどのようにして自立マインドを手に入れ

自信を掴み、人生を変えてきたのか?


私が得てきた知識・経験を

是非一緒に分かち合えたらと思い

無料メルマガを、この度用意しました!


ブログでは語っていない

私のこれまでの人生を全てつぎ込んだ

プロフィールレポートや

メルマガ参加者限定の会員サイトなど

特別なプレゼントも用意しています!

 
詳細が気になる方はこちらをクリック!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です