責任感強くて苦しんだけど無責任になったら仕事の効率が超上がって精神的にも楽になった

Pocket
LINEで送る

こんにちはtoruです。

 

今日は「責任感」

をテーマに話していこうと思います。

 

これは、ここ数日間で私に起こった

劇的な変化の話です。

 

仕事の効率もめっちゃ上がったし、

精神的な苦しみも、

瞬く間になくなりました。

 

必要以上に、

会社に対して責任感を持ってたことで

相当苦しかった。

 

でも、今では全く苦しくなくなったこと。

 

スッキリした気持ちで

仕事を終わらせられるようになったこと。

 

こんな感じの話をしていこうかと思います。

 

早速はじめていきますね!

 

目的を持ってあえて工場のライン作業の仕事を選んだ

 

まず、今現在の私は

工場のライン作業で仕事をしています。

 

以前は営業マンとして

肉体労働ではなく頭脳系の仕事をしてました。

 

そのほかにも

ストレッチのインストラクターをやったり。

 

20代前半の頃は

Barで働いたりしたこともあります。

 

ですが、起業して、

会社の収入に依存することなく

自分で直接収入を得たりしたい!

 

自分が本当にやりたいことをしたい!

 

そう思って心理学、

カウンセリングの勉強をしました。

 

その後は

不登校や引きこもりの

カウンセリング。

 

依存気質だった、自分の経験を生かして、

精神的な自立を目指す人のための

カウンセリングなどをしています。

 

その日々の中で、内面もだけど、

見た目的にもカッコよくなりたい!

 

そのために体も鍛えよう!

 

だったら、肉体労働系の仕事をすれば

わざわざ筋トレとか必要ないじゃん!

 

筋トレしながら収入だって得られるし!

 

そう思って今の仕事をはじめてみました。

 

実際仕事は、かなり体鍛えられます。

 

プロテインとか、サプリも摂っているので、

少し前の体つきより、

だいぶ筋肉がついてきました。

 

睡眠や栄養に気をつかって、

普段の仕事以外の時間、休日も

体が動くようにしてます。

 

大変な部分も多いのですが、

それだけ見た目的にも変化があるので、

やってよかったと思います。

 

工場のライン作業で精神的に追い詰められてた

 

ですが、

正直なところ精神的な面で、

かなり苦しい時期が、

最近まであったんです。

 

というのも、

仕事内容は、工場のライン作業。

 

決められた時間内で

決められた部品を取り付けたりします。

 

5秒、10秒。もっと言えば

1秒を争うような作業の連続です。

 

その作業を1日8時間続けるわけです。

 

やったことがある人だとわかるんですが、

かなり切羽詰まる場面も多いです。

 

それに、私の場合まだ仕事に

完全に慣れたわけではないので

かなり焦ります。

 

他の人が平然と手を進めている中、

私だけ汗だくだくです。

 

「いやいや、こんなの

絶対間に合わねぇから」

 

「こんな作業間に合わせられてる

他の人たちって超人だろ」

 

間に合わないから、

呼び出してフォローを頼み

次の台へ。

 

でも、焦りまくってることで

作業の手順を間違えて

部品の付け直しに

また時間がかかる。

 

で、また間に合わないから

フォローを頼む。

 

この繰り返し。

 

フォローをしてくれる人も

どんどん不機嫌になる一方です。

 

すごい申し訳ない気持ちになります。

 

間に合わないことへの

イライラとヘコむ連続です。

 

こんな毎日の繰り返しが

最近はずっと続いてました。

 

なので、正直なところ精神的にも

めちゃくちゃ辛かったんです。

 

私は、もともと周りの目を気にする性格です。

 

周りの目を気にする分、

 

「ミスるとまた指摘される…」

「遅れると周りからどんな風に思われるか…」

 

「だから完璧に、時間内に終わらせなきゃ…」

 

と、責任感がめちゃめちゃ強くなってたんですね。

 

もともと強かった責任感は、

今回の職場では、より一層強くなってました。

 

つまり、工場のライン作業を通して

自分のネガティブな面が、

顔を出してきたわけです。

 

つい2、3日前まで

ホントに気持ち張り裂けそうでした。

 

精神的に

どうにもいかないくらいに

追い詰められてました。

 

仕事やめようと思ったくらいです。

 

責任感を感じるのやめてどうでもいいと思うようにした

 

もうこれ以上責任感は持てない。

 

これ以上苦しいのは耐えられない。

 

だけど、

「キツイから辞めます」

 

なんて簡単には言いたくない。

 

自分で選んだ仕事なんだから、

やれるところまでやりきりたい!

 

でも、ライン作業間に合わない。。。

 

あ”ぁぁぁーーーーー!!!!

 

どうすりゃいいんだよ!!!!!

 

不安や苦しみとともに

イライラも最高潮へ。

 

もうどうにもいかなくなったので

私は頭の中で、あることを考えました。

 

「別に遅れてもいいわ!」

 

「遅れたからって、俺に何があるわけじゃないし」

 

「遅れたり、不具合の製品出したからって

給料が変わるわけじゃない」

 

「生産数とか品質とか俺には関係ない!!」

 

「もうテキトーにやる!!」

 

「もうどうでもいいわ!!!!」

 

責任感を感じるのをやめた結果、逆に効率良くなった

 

責任感を持って、真面目に。

 

時間内で終わらせて、

周りに迷惑をかけないように。

 

そんなことを考えるのやめて、

もうどうでもいいと思って

再び作業を始めました。

 

一生懸命やるのをやめた。

って感じです。

 

楽に、テキトーに。

 

すると、なんと

自分でもビックリするくらい、

作業スピードが上がったんです!

 

一つ一つの部品を、

取り付ける時間が短くなり

時間内に作業が終わる。

 

今まで毎回のように

取り付けのミスがあったのも

全くなくなる。

 

つい最近まで

慌てたことで遅れたり

ミスってたのに、

なんだこれは???

 

自分でも信じられないくらい

効率は格段によくなりました。

 

ミスもなくなって

時間内に終わらせることで、

フォローの呼び出しも

ほとんどありません。

 

なので、フォローの人も

不機嫌にならなくなってました。

 

以前は、

 

「1つ1つミスらないように」

 

って考えてたがゆえに、

姿勢もかがんだりして、

よーく目を凝らして取り付けてました。

 

だから、仕事が終わると

体中がめちゃくちゃ痛かったんです。

 

でも、それもテキトーな感じで

取り付けるようになったので、

楽な姿勢で作業をするようになる。

 

だから、全然辛くない。

 

肉体的にも、

精神的にも楽になったんです。

 

会社に対する責任感は必要以上に持たなくていい

 

私はこの経験を通して、

会社に対する、必要以上の責任感は

持たなくてもいい。

 

ということを経験しました。

 

これは、責任感を持つな。

 

ということではありません。

 

もちろん仕事をして、

お金をもらう以上、

最低限の責任感は必要だと思います。

 

でも、私のように

周りを気にするような人たちは、

自分で抱えきれないほど

責任感を持つことが少なくありません。

 

気付かぬうちに

100%を超えた負荷を

自分にかけてしまってるんです。

 

それが、毎日のように繰り返される。

 

やっぱり辛いですよね。

 

だから、会社に対して

100%以上の責任感なんて

持つ必要ないんです。

 

というか、無理ですもんそんなの。

 

責任感強い人って、

なんだかんだ仕事できる人も多いです。

 

周りの目を気にするから

責任感がどんどん強くなる。

 

だから他の人より、

あれこれ仕事こなしてるのに

 

「まだまだ」

 

なんて無意識に思ってたりするんです。

 

めちゃくちゃ頑張り屋さんです。

 

例えば、営業職で

給料がフルコミッション=成功報酬

の場合は、

やった分だけ自分に返ってきます。

 

これは会社のためではなく、

自分のため。

 

だから責任感を強く持つってのも

会社ではなく、自分に対する責任感です。

 

でも、固定給の場合。

 

会社に対して

自分の100%以上の責任感を持とうと

特に何も変わらないです。

 

自分のできることを

100%やれば良いんです。

 

「お前は責任感がない!」

って上から押さえつけてくるような

ベテラン社員とかいますよね?

 

時代は令和なのに、

昭和的な考えの人。

 

昔は、その考えで良かったのでしょう。

 

終身雇用の時代ですから。

会社が守ってくれる。って。

 

でも今って、そんな働き方じゃないですよね?

 

国が副業を認めてるような時代ですよ?

 

だから、会社に対して責任感を強く求める人。

 

あれは、言ってみれば

私たちのために言ってるのではなく、

その社員自身のプライドのため。

 

「俺たちの時代は、お前みたいな考えで働いてない」

「俺はこれだけ会社に忠誠してるのに、お前は」

 

って思ってるから

「責任感がない!」

なんて言ってるだけです。

 

そんなのシカトですシカト。

 

本質を考えれば、企業としては

責任感を求めてるのではなく、

やることやってくれるのが一番です。

 

やることやってりゃ良いんです。

 

だから、自分の100%以上の責任感を

会社に持つ必要なんてないんですよ。

 

会社に対する必要以上の責任感は依存を生む。

 

責任感を必要以上に持つと

 

「私はこれだけやってるのに、

私はこんなに会社に貢献してるのに」

 

「なんでこんなにやってるのに

給料全然上がらないんだよ!」

 

と、こんな風に

会社に対する依存を生みます。

 

会社にしがみつくしかなくなる

=会社の奴隷のようになるんです。

 

だから、精神的にもよくない。

 

精神的に苦しくなれば、

私のライン作業のように

効率もどんどん悪くなります。

 

結局のところ、必要以上の責任感は

会社にとっても、働く私たちにとっても

マイナスに働くんです。

 

だから、会社に対する責任感が強い人は、

その考えは今すぐ捨てましょう!

 

自分で、

「会社に対する責任感強過ぎるわー」

 

なんて思ったら、

今すぐその考えは取っ払いましょう!!

 

ポイ。ですポイ。

ゴミ箱行き。

 

 

本来持つべき責任感は

会社ではなく、自分の人生に対して持つこと!

 

働くってのも

自分や、自分の家族とかのためですからね。

 

それが、結局は企業のためにもなるんです。

 

だから、わざわざ辛くなる方向へ

自分を追い込まなくていい!

 

精神的にも楽になるし、

仕事の効率が

かえって良くなったりもする。

 

みんな一生懸命やってるんですから、

少しでも精神的に楽になるような

働き方にしていきましょう!

 

ということで、

今回の話をまとめると

 

・会社に対する責任感を、必要以上に持つ必要はない。

 

・その方が精神的に楽に働ける

 

・責任感が強すぎる人は、テキトーにやるくらいが

かえって効率よくなったりする。

 

このような話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です