過去や失敗を引きずる性格の対処法・解決法の真実

Pocket
LINEで送る

こんにちは、toruです。

 

今日のテーマは「過去や失敗」について。

 

この辺は大ネガティブ野郎だった私の

かなり得意分野についての話になるんじゃないかと思いますw

 

で、今回の話は過去や失敗についての話なんですが

言ってみればメンタルめっちゃ強くなる話。

 

もっと言えば未来が変わる話。

 

ということは人生変わるって話です。

 

過去を引きずる性格だとかそういうのもう

どーでもよくなるよ。ってことですw

 

ってことで早速話していきます。

 

で、多少なりとも心理学について学んだことがある人や、

私のこのブログだけでなく、他のメディアを調べたりしたことがある人。

 

こういった人ならわかると思うんですが、

過去を引きずる・失敗を引きずる

性格に対する方法としてよくあるのが、

 

「過去を受け入れましょう」

「失敗を受け入れましょう」

 

「そして手放しましょう!」

 

とかいろんなところで

目にしたことがあると思います。

 

ですが、私の場合そんなの必要ありません。

 

というか、5年間も人の心と

関わってきて思ってたことがあるんです。

 

「手放すとかマジで意味わかんねぇ」

「受け入れるってどういうことなんだよ?」

 

こういった言葉ってあまりにも抽象的というか

読む側、その言葉を受け取る側の

感覚値によって違いがありすぎる。

 

全然どういうことなのか

わかんなかったんですよね。

 

以前に、3人のチームのような形で

カウンセリングのプロジェクトをしていたんですが、

そこの代表の人も

 

「あるがままを受け入れましょう」

 

なんてことを言ってました。

 

ですが、言ってる側のその代表の人も

自分の現実や過去を全然受け入れられずに

 

「俺のこの性格がー」

 

とかしょっちゅうもがいてましたから。

 

それほどまでに「受け入れる」とか

「手放す」とか、そういうのって

再現性のない空想のような言葉だったんですよね。

 

私も、過去をとことんまで引きずって

 

「あの時こうしてれば」

 

なんて考えがベースにあるような性格でした。

 

なので、過去を手放すとか、

失敗を受け入れるとか

色々頭の中で考え尽くしました。

 

それで、こういうようなことだろう。と

自分なりに体系立てたものを

作ってみたりもしました。

 

でも全然答えが出てこなかったんです。

 

専門知識を勉強している

私たちですらこのザマです。

 

だから、そんなフワフワしたような言葉を

いきなり聞いた人が

みんながみんな同じように

 

「受け入れられました!」

「手放すことができました!」

 

なんて結果に行き着くなんてことは無理なんですよね。

 

だから、まず言いたいのは

受け入れられないとか手放せないとか。

そういう状態でも全然悪くないです。

 

そんなもん私から言わせてみりゃ

できなくて当然です。

 

それに、

受け入れようとか手放そう=自分の心を癒そう。

ってことと同じようなこと。

 

なので、自分も心を癒そうとしたわけですが、

だからといって何か現実が変わったか?

 

と聞かれると、

何一つとして変わることはありませんでした。

 

というか、もし仮に癒せたとしてですが、

それはあくまで自分の内面だけの話。

 

一歩部屋から飛び出したら、そこには現実が待ってます。

 

だから現実社会に戻ったら、

日々起こる人とのコミュニケーションや

仕事で起こるトラブルや精神・肉体的負担。

 

こういう自分の内面だけでは

どうすることもできないような

現実が待ってるわけですよ。

 

で、以前の私はそういった現実と直面するたびに、

 

「過去の自分が」

「あの時の失敗が」

 

なんて思うもんだから、毎回、自分の心を癒す、

受け入れる・手放す。

なんてことをやってみてました。

 

でも、何度もなんども繰り返しても変わらない。

 

「自分の過去を受け入れて、手放して、

癒すことができたら、幸せになるんじゃねぇのかよ!!」って。

 

でも今になってわかるのは、

大事なこと、必要なことは

そんなことじゃなかったんですよね。

 

私が学んできて、

実践してきてわかったこと。

 

大事なのは過去や失敗がどうとか、

そんなんじゃなかったんです。

 

だって、今話したように

自分の心を癒せたからと言って

未来が変わるわけじゃないです。

 

未来を変えるための行動が

具体的に変わるわけじゃないです。

 

もっと言えば、

行動や未来が変わるくらいに

過去の出来事や、過去の失敗を

完璧に癒せるわけなかったんですよ。

 

それに、私自身がそうだったんですが、

過去や失敗を引きずる性格を

なんとかしたいって思うのは、

そもそもこれからやってくる

 

「未来を変えて、より良く、幸せになりたい」

 

そう思ったからです。

 

ですが、その思いの背景、根本にある心理は、

実は未来を変えていきたいんじゃなくて

 

「過去の自分のままでいたい」

「過去にすがりたい」

「自分は変わりたくない」

 

だから「過去を癒して未来を変える」

という言葉を利用して

過去や失敗に執着していたんです。

 

なんと滑稽な話でしょうね。

 

でも、人間の本能ってそんなもんなんです。

 

というのは、人間には現状維持の機能が

もともと備わってます。

 

その現状維持機能が

「昨日と同じ今日」にしたいし

「今日と同じ明日」にしたがってるんですよ。

 

だって未来のことなんて予測できたとしても

100%のことなんてわからないじゃないですか?

 

でも過去のことなら経験済みだから、

多少の苦しい経験でも、

得体の知らない「未来」ってものよりは、まだ安心できる。

 

だから、過去や失敗に執着したがる生き物なんです。

人間てのは。

 

なので、過去や失敗を引きずってしまう性格は

別に悪いことじゃなありません。

 

というか、あって当然なんですよね。

 

でも、やっぱりこれからの未来は

もっと良くしていきたい。

 

誰だって、もっと今より良い方向に

進みたいと思う気持ちもあります。

 

じゃあどうするか?

 

となると必要なのは、

過去や未来を受け入れる・手放す。

とか、、そういうことじゃなくて、

 

「未来に目を向ける」

「未来を変える行動をする」

 

これなんです。

 

これが過去や失敗を

引きずる性格に対する対処法なんです。

 

例えば、私の場合やったことは

過去や失敗について、いつまでも執着できないような

環境を作りました。

 

今は日中仕事をしながらも

こうしてブログを書いたりしてます。

 

さらにライターさんを雇って

他のメディアを作ったりしてます。

 

そのライターさんたちに

指示やアドバイスも毎日のようにしてます。

 

で、他にも、インターネットマーケティングに関する

コンサルティングをしたり、

カウンセリングをしたりもしてます。

 

ただ、ワーカホリックにはなりたくないので、

ちゃんとたまには人と会って、飲んだりもしてます。

 

こんな感じでスケジュールを日々埋めてきた結果、

どうなったかというと…

 

過去のことに執着する

「暇」がなくなってきたんです。

 

これ、別に過去や失敗を引きずる性格が

全くもって治ったわけではありません。

 

実際に変わってきているのは

確かに実感してます。

 

でも、それより何より、

こうやって過去や失敗に

執着できないような環境を作って

未来を変えるための

行動をしてきた結果得られたもの。

 

それは、

人との出会いや、行動して得た結果や得られたもの。

 

そして、行動して積み重ねてきた知識や経験。

 

こういったものの方が

過去や失敗に、執着することで得られる安心感よりも、

はるかに価値があることを知りました。

 

幸せや喜び、楽しみが

はるかに大きいことを、身を以て知りました。

 

雇っているライターさんにアドバイスをして

「すごくわかりやすいです!早速やってみます!」

とか言われるとすごく嬉しいです。

 

カウンセリングやコンサルティングで

話を聞いたりアドバイスをした時に

 

「そうそう!そうなんですよ!

私もそれずっと考えてたんですけど

はっきりしなかったんです。

でもそれにやっと気付けました!」

 

とか言われると、

ちゃんと伝わってる!

自分の知識や経験が生きてる!

って感じられて、すごく達成感とか充実感を感じられます。

 

かといって日中の仕事の中では、

すごく面倒なことや

大変なこともそりゃ起こります。

 

でも、それをいちいち引きずることはなくなりました。

 

というか引きずってる暇ないですし、

引きずる必要性を感じないから、

会社から一歩出ればケロッとしてます。

 

「まぁあの社員は、あんな風にしか言えない人なんだろうなぁ」

で。はい終了。次、次!って感じですw

 

俺が今考えるべきことは、

そこに執着することじゃない。

って思えるんですよね。

 

だから、過去や失敗を引きずることで

感じられる安心感みたいなものよりも

未来を変えることで得られるメリットに

早く気付いてしまったもん勝ちだなぁ。

 

ってのが私がたどり着いた答えでした。

 

そりゃ未来を変えることって、

慣れてない人からしたら

すごく大変なことだと思います。

 

私も最初苦労しました。

 

今まで見ていた過去への視点から

180度違う未来の方を考えるわけですから。

 

でも、その大変さや苦痛って、

過去や失敗に執着していても

同じように感じるんですよねぇ。。。

 

であれば、やっぱり変えられる方を選んでしまった方が

絶対に自分自身に対してメリットがあるわけですよ。

 

だから私は過去や失敗を引きずる性格を

治そうとなんて今は全く考えてません。

 

別にセラピーとかいらないですもんw

 

セラピーとか受けるよりも

未来を変えるために今の自分でできること。

 

そのたった一つでいいから、

まずその行動をしてみること。

 

逆説的ですが、

それが過去や失敗を引きずる性格を

ガラッと変えていく方法です。

 

なかなか未来に目を向けられない。

そんな時もあるでしょう。

 

であれば、そういったときは

 

「人を巻き込む」

 

これやってみるといいです。

 

誰かに何かをする宣言をしてしまう。

これです。

 

「◯年後丸々になります!」とか

「◯◯までに役職(収入とか)を〇〇までにします!」とか

そんな大それたこととかじゃなくてOKです。

 

「1時間後までに本10ページ読みます!」

「LINE返信してなかった人に返信します!」

 

とかそんなんでいいんです。

 

もしかしたら

「そんなことやって意味あるのかよ!」

なんて思うかもしれないですね。

 

でも、その些細な行動、

当たり前すぎる行動だとしても、

今までやってこなかったことなら

それって未来を変える行動ですよね?

 

それだけでも昨日までの自分、

今日までの自分とは全然違うわけですよ。

 

だから私の経験として「人を巻き込む」

ってのをオススメしましたが、要は

 

「未来を変えるための

行動ができるのであればなんでもいい」

ってことです。

 

自分の中で

「こういうことすれば、何か1つ行動できそうだな」

って思いつくことがあれば、それをやればOK!

 

それすらも未来を変えるための行動であり、

考え方になってますから。

 

ってことで今回は、

過去や失敗を引きずる性格の対処法、

解決法について話してきました!

 

未来を変えるための小さな行動で

過去や失敗を引きずる性格を変えていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、toru(トール)です。

メンタルを専門として発信をしています。

以前は、不登校や引きこもりのカウンセリングをしていました。

 
現在では、カウンセリングだけでなく、

別のジャンルでもメディアを運営したり

ビジネスとしての経験を基にして

コンサルなども行っています。

 
と言っても、元々は自分に自信がなく

周りの目を気にしては、人に合わせてばかり。

 
自分はもっとできる人間なんだ。と思ってるだけ。
 
でも、失敗したり傷つきたくないから

表には出さず、自分の中だけで仮面のプライドを保とうとする。

こんな風に、いかにもダサい人間だったんです。
一時は引きこもりも経験し

どん底の日々を過ごしました。

 
でも、そんなダメダメな私でも、

人生を変えていくことができました。

 
なぜか?

 
「自立のマインドこそが人生を変える鍵なんだ」

とわかったからです。

 
今では、自分で自分の人生を変えていけるんだ!と

本気で思える自信を手にしています。

 
元々のメンタルの強さ?

そんなもんありません。

 
改めてですけど、私は元引きこもりです。

俺の人生終わりだ…と20歳の頃思ってました。

 
でも、そんなどん底のダメ人間でも間違いなく、

人生はみるみる変えていけます。

 
そこで、私がどのようにして自立マインドを手に入れ

自信を掴み、人生を変えてきたのか?


私が得てきた知識・経験を

是非一緒に分かち合えたらと思い

無料メルマガを、この度用意しました!


ブログでは語っていない

私のこれまでの人生を全てつぎ込んだ

プロフィールレポートや

メルマガ参加者限定の会員サイトなど

特別なプレゼントも用意しています!

 
詳細が気になる方はこちらをクリック!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です